フラッシュ脱毛の痛みってどのくらい?

フラッシュ脱毛 痛みのことは気になりますよね。フラッシュ脱毛は、脱毛方法の中でも痛みが少ないことで有名です。痛み方はもちろん個人差はありますが、イメージ的には輪ゴムで肌をパチッと弾かれたような程度の痛さなのだそうです。そして、この感じた痛みは、施術の回数を重ねることによって和らぐそうなので、毎回毎回痛みに耐える…と言うほどではなさそうですね。
そして、フラッシュ(照射)の範囲も近年、広範囲に照射できるように機器や技術が改善されてきているので、一昔前に比べたら施術時間も大きく短縮されました。それゆえに、何時間も痛みに耐え続けないといけないこともなさそうです。ワキならば5分程度で終わってしまうそうです。
照射範囲が広いと言うことで、効率的に短い時間で脱毛が行えるので、全身脱毛を行ったとしても、痛みの心配はあまりしなくても良さそうです。

 

フラッシュ脱毛が人気になっている理由

脱毛方法の中でも効果があると言われているレーザー脱毛は、出力が強すぎてお肌に悪い影響を及ぼす可能性もあります。ニードル脱毛も主流ではあるのですが、こちらはとにかく耐え難い痛みと言うことで、とてもではありませんが全身脱毛向けではありません。総合的に、肌に優しく効果もあるフラッシュ脱毛がもっとも人気となるのもうなずけます。
いくらフラッシュ脱毛が痛みが少ないとは言っても、部位によっては痛みが感じやすい場所もあります。代表的な部分はVラインと言われています。肌が薄く、そのくせムダ毛の太さや濃さは他の箇所に比べたらガッチリしてるイメージなので、必然的に痛みは感じやすいかもしれません。

 

脱毛方法の中でも安全性の高いフラッシュ脱毛

近年フラッシュ脱毛の人気と認知度は高まっていく一方ですが、このフラッシュ脱毛は果たして100%の安心や安全性はあるのでしょうか?どうせ脱毛をするならば、フラッシュ脱毛 安全性を知ることで、よりリラックスした気持ちで脱毛施術を受けたいですね。
フラッシュ脱毛はその名の通り、フラッシュ=光を使った脱毛法になります。正確にはインテンスパルスライトと言う光を使うのですが、この光は、カメラのフラッシュのように、短時間で照射を行い、ムダ毛の毛根部分を破壊する働きをします。施術自体が短時間で済むので、その分肌への負担が少なくて済むと言っても良さそうです。

 

人体に無害な光線だけを照射するので安全

この光を用いた脱毛を行うサロンのほとんどは、脱毛効果もさることながら、安全性もきちんと確立された機器を施術に使っています。具体的には、皮膚への温度が一定よりも高くならないように設定されたもの、皮膚に有害な紫外線を除去して、人体に無害な光線だけを照射できるものと言った機器を使います。

 

また、その機器を扱うスタッフの技術面なども重要です。研修をしっかりと設けたり、資格制度を取り入れたりして、正しい知識を持つスタッフが機器を取り扱うことで、より一層フラッシュ脱毛 安全性が高まる努力と工夫がされています。これによって、あまり不安がらなくても、安心してフラッシュ脱毛が受けれると言えますね。

 

自分が施術を受けようとするエステサロンが、どのような機器を使用しているか知りたい、エスティシャンの技術などを把握したいと言うときは、ホームページなどでも公表されていることがあるので、しっかり見ておきたいものです。