フラッシュ脱毛が比較的少ない脱毛方法

比較的安全性の高い脱毛法として人気のフラッシュ脱毛。利用料金も手ごろになってきて、身近な脱毛法になりました。しかしフラッシュ脱毛 副作用はまったくない、と言い切っていいものなのでしょうか?
基本的にフラッシュ脱毛に使われる光線は、紫外線も除去されて、人体には無害です。フラッシュ脱毛を受けたことで、皮膚がんや紫外線が原因で起こりうる副作用に見舞われることはなさそうです。

 

副作用は深刻に考えなくても良さそうです

強いて言うならば、光をあてるので、それによって一時的に皮膚の表面温度が上がり、やけどをしてしまうと言うリスクもありますが、近年、フラッシュ脱毛を行うエステサロンでは、機器のフラッシュの出力が制限されていたり、機器を扱うスタッフも知識や技術をしっかり身につけていますから、このあたりはあまり深刻に考えなくても良さそうです。
もう一つ気にしておきたいのが、例えば肌が弱い方ですと、ノートラブルとは行かないかもしれません。具体的には、光アレルギーがある場合、じんましんや軽いやけどのような症状が出ることもあります。日焼けをするたびに何かしらのトラブルに見舞われてしまう…と言うような方は、まず施術前にしっかりカウンセリングで相談しましょう。それでも不安な場合は、エステサロンよりもより、医療面の専門知識を持ち合わせた美容整形外科などで受けるのも一つの手です。

 

フラッシュは黒い色素に反応してダメージを与える仕組みですので、例えばこの光を目に受けてしまったら、どうなるんだろう…と心配になるかもしれません。ですが、脱毛器自体が、光が漏れにくい構造だったり、施術中にはゴーグルを掛けるので、この辺りは心配無用と言ってよさそうです。