永久脱毛はなぜ生えてこなくなる?

私たちが持っている永久脱毛のイメージは「脱毛施術が完了すれば二度とムダ毛が生えてこない」というものではないでしょうか。では一体どのような仕組みで永久脱毛を実現しているのか気になりますよね。

 

永久脱毛を行うための理論としては大きく分けて二つがあります。まず一つは、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛など光の熱エネルギーを利用した永久脱毛です。こちらは、ムダ毛の中に含まれている黒い色素に大して反応する光を照射し、光が集中する事によってムダ毛を生成している毛母細胞を破壊することにより、二度とムダ毛が生えてこないようにするという方法になります。この光脱毛やレーザー脱毛を使った永久脱毛はいま最も主流となっている脱毛施術だといって良いでしょう。一度に広範囲を施術することができるため、短時間で終わりますし、何より料金もリーズナブル。また肌に対するダメージや痛みも軽いということもあって、多くの方が利用している永久脱毛の仕組みとなっています。

 

もうひとつの永久脱毛の仕組みは電気針を使った永久脱毛です。こちらは、ムダ毛を生成している細胞に対して直接電流を流し、細胞を焼き切ることで二度とムダ毛が生えてこない毛穴を作るという方法です。電気針を毛穴に直接差し込んでひとつひとつ破壊していく方法になります。確実性の高い永久脱毛の施術方法ということで男性のしつこいヒゲの脱毛などに使われることが多いです。毛穴に針を差し込むわけですのでそれなりの痛みが伴い、さらに施術時間もかなり長いということもあって最近ではあまり利用されなくなってきました。

 

このように、永久脱毛の仕組みというのはいずれも毛穴の組織を破壊することによってムダ毛が生えてこないようにするというものになっています。