永久脱毛にはデメリットもあることを知っておこう

永久脱毛というのはメリットばかりが目につきますが、少なからずデメリットも存在しているものです。もしもこれらのデメリットを確認せずに永久脱毛をしてしまうと後々後悔することになってしまうかもしれません。そこでここでは永久脱毛を行うことによって起こりうるデメリットについていくつか紹介していきます。

 

●二度と毛が生えてこない
永久脱毛のメリットはムダ毛処理をしなくてもよくなるというものですが、これが同時にデメリットに繋がる可能性もあります。例えば、脇の永久脱毛を行ったとしましょう。現代社会だとワキ毛が生えていないことがエチケットとなっていますが、もしかすると将来ワキ毛を生やすのが当たり前になってしまうと「どうして永久脱毛をしてしまったんだろう」と後悔することになるかもしれません。脇に関してはあまりそのような事態になるとは思えませんが、VIOラインなどはパートナーによっては嫌がる可能性もあります。できればパートナーとしっかりと相談をした上で永久脱毛をするか考えてみましょう。

 

●それなりの期間が必要
永久脱毛のデメリットの1つに、永久脱毛の施術が完了するまでの期間が長いという点が挙げられます。毛周期に合わせて脱毛施術を行っていくため、2ヶ月おき、3ヶ月おきに脱毛をするということも珍しくありません。永久脱毛の効果を実感するためには5回から6回の施術回数が必要なのが一般的ですので、少なく見積もっても1年は脱毛エステや脱毛クリニックに通い続けることになります。もしも通いにくい店舗で契約をしてしまうと、後々後悔することになるかもしれませんので通いやすい店舗を探してみてください。

 

●産毛に対して脱毛効果が現われにくい
現在永久脱毛の施術方法で主流となっているのが光脱毛、あるいはレーザー脱毛となっています。これらはムダ毛の黒い色素に大して反応する光を照射することで脱毛しているのですが、色素を多く含まない産毛に対しては効果が薄い場合があります。ですので、背中の永久脱毛など、産毛を対象としている場合は永久脱毛が完了するまでにさらに期間が必要になる、あるいは回数を増やすなくてはならないといったこともデメリットの1つとして考慮しておきましょう。