流行りのフラッシュ脱毛は手軽ですが永久脱毛ではない

脱毛エステなどで用いられているフラッシュ脱毛。このフラッシュ脱毛を使って永久脱毛したい!と思っている方もたくさんいるかと思いますが、実はフラッシュ脱毛では永久脱毛をすることができないとされています。あまりピンとくる話ではないかもしれませんね。実は永久脱毛というのは「医療行為」にあたるものです。ですので、脱毛エステで使用されているフラッシュ脱毛は医療行為ではないため永久脱毛をするための施術ではないということになります。

 

ですが、フラッシュ脱毛をした人達の口コミや体験談などを見てみると「バッチリ永久脱毛ができた!」というものも多く見受けられます。永久脱毛が医療行為に当たるのであれば、脱毛エステでのフラッシュ脱毛で永久脱毛ができた場合はどうとらえるべきなのか迷ってしまいますね。

 

脱毛エステでフラッシュ脱毛を繰り返し行い、ムダ毛が生えてこない状態を作ることができたら、それは「不再生脱毛」という状態になります。永久脱毛するためにはムダ毛を生成している細胞を破壊しなくてはならないのですが、医療行為であるレーザー脱毛とフラッシュ脱毛の仕組みは基本的には同じです。違うのは出力の違いが主な部分となっています。ですので、繰り返し行うことによってフラッシュ脱毛でも永久脱毛のような効果を作ることができますが、違法行為になってしまうため「不再生脱毛」という言葉が生まれたのです。

 

一般的に永久脱毛は医療レーザーを使った脱毛や、電気針を使った脱毛が該当します。永久脱毛とフラッシュ脱毛の大きな違いをあげるとするならば、医療行為か、そうでないかの違いだと言えるでしょう。