永久脱毛は医療機関しかできないのか?

永久脱毛は病院だけ?

 

私たちがイメージする永久脱毛は「二度とムダ毛が生えてこない状態」ですよね。では実際に永久脱毛の施術を受けたからといって必ずしも二度とムダ毛が生えてこない状態を作ることができるかと言えば「よく分からない」というのが現状です。というのも、永久脱毛の歴史はそこまで深いものではなく、比較的最近生まれた概念です。特に日本では永久脱毛の定義がきちんと行われているわけではなく、曖昧なものでもあります。永久脱毛を実現するためには、ムダ毛を生成している毛穴を完全に破壊してしまわなくてはなりません。そのためには出力の高い医療レーザーを使用したり、毛穴に直接電流を流す電気美容針脱毛でなくてはならないと言われています。

 

永久脱毛は医療レーザー脱毛になるので病院での施術となる

永久脱毛をするためのお医療レーザー脱毛は当然、病院でしか利用することができません。脱毛エステなどでも永久脱毛を謳っているところがありますが、脱毛エステで使用されている脱毛方法は病院で使用されている医療レーザー脱毛よりも出力の弱いフラッシュ脱毛となっています。ですので、脱毛効果の高さで言えば脱毛エステよりも脱毛クリニックのほうが優れているといえます。
病院で永久脱毛をすることのメリットはこれだけではありません。永久脱毛をする過程で万が一肌にトラブルが起こってしまったり、体調を崩してしまったりといった場合にすぐに対応することができるというのは心強いポイントとなっています。また、脱毛施術が完了するまでの回数が早く、比較的短期間でしっかりと永久脱毛を実現することができるのも強みの1つとなっています。

 

ただしデメリットもいくつか存在しており、脱毛エステと比べると料金が高いこと、店舗数が少ないためアクセスに不便な場合も考えられることが挙げられます。これらをトータルに考えた上で、病院で永久脱毛をするのか、脱毛エステを利用するのかを決めていきましょう。

 

クリニックでの永久脱毛は保険適用される?一部例外を除き保険は適用されない!

永久脱毛は保険適用?

 

永久脱毛は皮膚科や美容皮膚科、美容外科などで受けられます。使用する器具は医療用のレーザーマシンを使用するため「医療行為」に該当する施術です。そのため、永久脱毛には保険が適用されるのではないか、と考える方も多いですが実際のところその辺りはどうなっているのでしょうか。

 

永久脱毛の保険適用は難しい

結論を述べると、クリニックでの永久脱毛に保険適用させるのは難しいと言わざるを得ません。というのも、美容目的の脱毛は「自由診療」に該当するからです。例えば、二重まぶたにしたり、アゴの骨を削ったり、といった美容外科手術は保険が適用されません。これと同じ感覚になります。多くの女性が永久脱毛を受ける場合、それは病気によるものではなく、あくまでも美しさを目指した施術になりますよね。ですので保険適用は限りなく難しいものだと覚えておきましょう。

 

一部例外はある

しかし、必ずしも保険適用ができないというわけではありません。例えば「多毛症」と診断され、その治療として永久脱毛が用いられる場合は保険適用されることもあります。しかし全てに保険が適用されるわけではなく、一部保険適用になるケースが多いようなので、ほとんど自由診療とは変わらない費用が必要になります。このあたりはクリニックによって扱いが異なってくるので事前の相談が必要不可欠です。

 

脱毛保証やアフターケアに注目

このように永久脱毛に保険適用するのは難しいのですが、最近では多くのクリニックが非常にリーズナブルな料金で永久脱毛が受けられるようになっています。ですので、保険が適用された方が安くなるのは間違いありませんが、それでも以前よりもずっと利用しやすくなりました。しかし、安くなったからといって適当にクリニックを選ぶのではなく、脱毛保証やアフターケアが充実しているところを選んだほうが最終的な満足度は高くなります。どのクリニックを利用するのかは事前のリサーチとカウンセリングをしっかり利用して検討していきましょう。