脱毛の効果が現われにくい産毛の処理方法

最近の永久脱毛は光脱毛やレーザー脱毛を使用して施術を進めています。実はこれらの光を使用した脱毛方法というのは、産毛に対して効果が薄くなってしまうのが弱点として挙げられています。というのも、光脱毛やレーザー脱毛の仕組みというのはムダ毛の中に含まれているメラニン色素に対して光を当てることで熱エネルギーを集中させ、その熱エネルギーで毛穴の細胞を破壊することによって永久脱毛を実現しているからなんです。つまり、メラニン色素の配合量が絶対的に少ない産毛の場合だと光脱毛やレーザー脱毛を使った永久脱毛の効果が現われにくいということになってしまいます。

 

一般的に永久脱毛をしたい箇所と言えば脇や腕、脚、VIOラインなど濃いムダ毛が生えてくる場所のイメージが強いです。しかし、産毛がたくさん生えている顔や首、背中などの永久脱毛もしたいという方もたくさんいるはずです。特に顔はメイクの乗りや肌の透明感と直結してくるものですので美容に対して意識の高い人ほど顔の永久脱毛を希望するものです。

 

ではどのようにすれば産毛の永久脱毛をすることができるのかについてですが、繰り返し施術を行うことによって一定の効果を期待することは出来ます。ですので、産毛などの永久脱毛の場合だと他の部位と比較して回数が多めに設定されていることも多いですね。

 

もしも光脱毛やレーザー脱毛などで十分な永久脱毛を実現するのが難しいと判断した場合は、電気針脱毛を採用する場合もあります。こちらは、毛穴に対して直接針を差し込んで電流を流すことによって確実に永久脱毛を実現するというもの。痛みも強く、施術時間もかかってしまいますが産毛に対しても十分な効果を発揮出来ますので光脱毛やレーザー脱毛と組み合わせることで納得のいく仕上がりを得ることができます。