医療レーザー脱毛にはデメリットもあります

脱毛クリニックは脱毛エステと比べると圧倒的に出力が高く、脱毛効果の高い医療レーザー脱毛を利用することができるようになっています。例えば、脱毛エステの場合だと6回から8回程度の施術を受けるような脱毛コースでも、医療レーザー脱毛を利用することによって3回から4回程度で脱毛施術を完了させることができる場合もあります。また、医療現場での脱毛になりますので万が一のトラブルが起こった時にすぐに対処することができるというのも医療レーザー脱毛の嬉しいポイントの1つ。このように、医療レーザー脱毛には多くのメリットがある一方で、少なからずデメリットも存在しています。ここでは医療レーザー脱毛におけるデメリットについて紹介していきます。

 

●痛みが強い
医療レーザー脱毛のデメリットとして挙げられるのが痛みが強く出やすいということ。脱毛エステなどで利用されているフラッシュ脱毛と比べると出力が圧倒的に強いため、色素沈着などが起こっている部分に医療レーザー脱毛をしようすると激しい痛みが伴う場合もあります。もしも痛みが強い場合だと医師に相談して適切な対応を求めるようにしましょう。

 

●費用が高い
医療レーザー脱毛のデメリットとして料金が高くつきやすいという点が挙げられます。最近ではキャンペーンなどを行っている脱毛クリニックも増えてきており、これらを上手に活用すれば脱毛エステと変わらないような値段で利用することができる場合もありますが、基本的には1.5倍程度の料金は考えておかなくてはならないでしょう。

 

●店舗の数が少ない
脱毛クリニックは脱毛エステと比べると全国展開していないことが多く、さらにアクセスが便利なところに店舗を構えているとは限りません。そのため、自分の行動範囲の中に脱毛クリニックが存在していないという場合は医療レーザー脱毛を受けるためにわざわざ遠出をしなくてはならないという場合も考えられます。