医療レーザー脱毛の痛みについて

医療レーザー脱毛はしっかりと永久脱毛をすることができる脱毛方法として多くの方から選ばれています。ムダ毛の太さや濃さなども関係してきますが、ほとんどの方が脱毛効果を実感することができるということもあって、代表的な脱毛方法の1つとなっています。

 

医療レーザー脱毛の痛みについてですが、よく言われているのが「輪ゴムで弾いた程度の痛さ」という表現。人によっては「その程度で良いんだ」と思うかもしれませんが、実際に医療レーザー脱毛を受けた方たちの話を聞いてみると、「思っていたよりも全然痛くなかった」という人もいる一方で「想像以上の痛さだった」という方もいます。

 

どうしてここまで医療レーザー脱毛による痛みの違いが出てくるのかというと、肌の色が大きく関係しているからです。医療レーザー脱毛では黒い色素に反応する光を照射していますので、日焼けしていたり、色黒の方の場合は他の人と比べると痛みが強く出る場合も考えられます。もしも色素沈着などが起こっていて、医療レーザー脱毛をするのが難しいといった場合は、先に美白ケアをしてから医療レーザー脱毛に移行することもあるほどです。

 

ですので、医療レーザー脱毛による痛みは実際に受けてみないと分からないというのが正直なところ。ほとんどの方は最初はそれなりの痛さがあると感じるものの、継続して受けるとあとの方はほとんど痛みを感じずに受けることができるようになったという方も多いです。

 

もしも医療レーザー脱毛を受けていて痛みが強く出るようだと通うのが大変ですので、スタッフの方に正直に話すようにしてみましょう。出力を調整してもらったり、麻酔クリームを使用してもらったりといった対処方法が用意されている場合もあります。